忍者ブログ
ADMINWRITE
誰も必要としないと思う。こんなページ。
[468]  [467]  [466]  [465]  [464]  [463]  [462]  [461]  [460]  [459]  [458
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とても暇なので、どこにでもあるようなチンケなお話を書いてみます。

--------------------(以下、本文)--------------------

人気が出るかどうかなんて、実際に発表してみるまでは誰にも分からない。

自信作の評価がイマヒトツだったり、
こんなの好かれないだろうなと思った作品が大人気になることも、よくある話。

作品をヒットさせることは、ある意味では運試しなのだと思う。

急いで付け加えると、
人気がある作品には優れている面がたくさんあるし、
優れた作品を世に出せば実際に人気が出ることが多いのは事実。

だけど、最終的に作品がどれほどヒットするかを決めるのは、
やっぱり運とか時流とか神様のきまぐれなのだと思う。

運が100%ではない。だけど、けっして0%でもない。



だとしたら、
クリエイターは人気が出たり出なかったりという結果に一喜一憂しすぎずに、
もっとこう、広い意味で楽しんでしまえばいいと思う。

1つの作品を「今出来る最高のものにしよう!」って努力することはとても大事だし、
人気の出なかった作品を省みて反省点を探し出すのもとても大事。

それも大事だけど、人気の出る出ないとは無関係に、
たとえば 「俺は大好きだああぁぁーー!!」 と言い張れるような気持ちも
すごく大事なんじゃないかなと思う。



特に音ゲー譜面には、絶対的な価値観なんてほとんどない。
何が良くて何が悪いかなんて、そのときの流行でしか決まらない。
“十人十色” なこの世界でヒット作を生み出すには、
もうどうしても運を味方につけるしかない。

そんな不安定な、そのかわり誰にでも等しく成功のチャンスがある世界で
創作活動ができることは、とても楽しいことだと思う。



オンラインの創作活動の良さは、お金という対価は得られない代わりに、
・自身が作りたい作品だけをいつでも自由に作って発表できること
・自由に何度でも失敗できること(社会人だとこうはいかない)
にある。

だからもっと失敗を怖がらずに、
思いついたことは何でも全てやってみればいい。

クリエイティヴな発想は、すべて形にしてみるのがいい。

今まで誰もやったことのないことでも、
とにかく自分自身が「やりたい!」と思ったことは、
何でもやっちゃえばいいんじゃないだろうか。



そうして冒険して、自分自身をさらけ出して、
その結果生まれた作品が評価されなくたって、別にいいじゃないか。

きっとそれは、ちょびっと運が悪かっただけなのだから。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
失敗しても次があるって重要ですよね
>クリエイティヴな発想は、すべて形にしてみるのがいい。

私も全く同感です。
皆もっと色んなことどんどんやればいいのになーなんて
草の陰から見ていたりします。
来年は色々チャレンジできたらいいな…
mi 2008/10/24(Fri)17:53:11 編集
Re:失敗しても次があるって重要ですよね
僕も立ち止まらずに、色々やってみます。><
Sasa(xyno)  【2008/10/26 08:39】
無題
そうですね。
漫画家と同じようなものですね。
2008/10/25(Sat)23:06:31 編集
Re:無題
ガ○ウ先生も同じこと言ってましたね。
Sasa(xyno)  【2008/10/26 08:40】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Twitter
最新コメント
[05/28 通りすがりのサリンガー]
[05/08 Rudolphdam]
[04/04 MelvinEt]
[12/17 シオンはサリング中毒]
[10/19 なるぽん]
[10/16 通りすがりのサリンガー]
[05/21 ドドリ]
[05/11 タニ公]
[08/29 ねことも]
[07/07 な]
ブログ内検索

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ Sasa Cafe|blog ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]