忍者ブログ
ADMINWRITE
誰も必要としないと思う。こんなページ。
[16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サリングを作り出してから、勉強のためにインターネット上でできる無料の音ゲーをちょくちょくやっています。
(「ダンおに」「BMS」「R2BEAT」など)

こういった音ゲーとサリングの大きな違いは、次の2つだと思うのです。

● リズムに合わせてボタンなどを「押す」という概念がない。
● ノートを単体で発生させられる場所が35箇所と、きわめて多い。

特に、「押すという概念がないこと」がとても面白いのです。
一般的な音ゲーは、音が鳴ると同時にアクションを入れる(キーを押すなど)のですが、
サリングは、音が鳴るより前にアクションを入れる(マウスをリング発生位置まで動かす)必要があるのです。
リズムがわからなくても、音が鳴る前に所定の位置に待機しておけばOK!!
・・・なんて音ゲーはこれまでありませんでしたから。(笑)

このゲームに「マウスをクリックする」という概念を加えれば、「押忍!闘え!応援団」や「テクニクビート」に近いゲームになるのですが、
クリックしないでいいからこそ「101kittens」のような譜面が作れるわけなので、やっぱりサリングが面白いのです。

連続的にリングを発生させれば多くの音ゲーにある「ロングトーン」の代用になりますし、
リングを2つ以上同時に発生させることで、譜面の可能性は更に広まりますし、
しばらくの間は、サリングに飽きずにすみそうです。

「35マスという広くて狭いフィールドに、どんな絵を描こうかな」と考えて、いつも譜面を制作しています。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
クリックもあればいいなぁ
・・・と思わないでもない、今日このごろです。
 ペンタブだと楽しい譜面が出来そうなんですよねぇ・・・マウスだとおもしろくなさそうですがw
 フラッシュの仕様上、音を鳴らすゲームでそれをやるのは判定との関係で難しいので、リング取ったときに音は鳴らせないでしょうけれども。

 それから、たしかSasaさんも以前にD4Uさんのサイトのゲストブックに書いていらっしゃいましたが、鳴らす音を自分で入れられるようになればなぁ、とか。



 そんなことを考えてると自分で作りたくなってきたり・・・
his 2007/03/17(Sat)11:47:12 編集
無題
クリック不要はこのゲームの最大のセールスポイントと思うので、
個人的には実装されても使わないかも。

>鳴らす音を自分で入れられるようになればなぁ

これが出来れば、可能性が広がりますね~。
できるなら音数も制約なしがよいのです。
(431~439の9種類に限られるとかではなく。)

サウンドキャッチャーみたいに、自分で演奏しているという感覚が味わえるかも。
Sasa 2007/03/17(Sat)16:21:44 編集
無題
>クリック不要
 D4Uさんもきっと同じ意見でしょうねー。
 やっぱり望み薄かぁ・・・orz

 自分で演奏しているという感覚があると楽しいですよね。
 BGM+譜面でひとつの曲を完成させる感じですか。
 そうなると、曲も自分で作れたら、と思わずにはいられなくなりそうですけれどもw
his 2007/03/18(Sun)18:32:21 編集
Sasaさんこんな記事かいてたんだ
>連続的にリングを発生させれば多くの音ゲーにある「ロングトーン」の代用になります

自分で言ってるw
ライオン URL 2007/09/09(Sun)22:30:25 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Twitter
最新コメント
[05/28 通りすがりのサリンガー]
[05/08 Rudolphdam]
[04/04 MelvinEt]
[12/17 シオンはサリング中毒]
[10/19 なるぽん]
[10/16 通りすがりのサリンガー]
[05/21 ドドリ]
[05/11 タニ公]
[08/29 ねことも]
[07/07 な]
ブログ内検索

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ Sasa Cafe|blog ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]